トクメイキボウ

(33歳/会社員)

会計システム

会計システムは免許制にした方がいい。

 

システムの処理や制約から会計処理考えたり、会計処理からシステムの提案したりは楽しい。課題解決している感がある。

一方で、そもそも会計わからないシステム部門やベンダーさんに、システム導入だから会計を教えるのはしんどい。さらに強気に出られたり立場が上の人だとタチが悪い。

 

話しが通じない。

 

これは、定義が甘いとか、頭が悪いとかそういうことではなく、前提となる文化、世界が違うから見えているものが違う。知らない人にとっては数字の羅列でしかないし、調整や修正仕訳できるならそっちで合せてくれという気持ちかもしれない。

こっちは、会計をシステムでパズルを組み立ててる。それが通じないから適当にピースを並べられたりすると話しが食い違う。食い違うだけならいい。

 

話しが通じない。

 

専門性のある人は、より高い専門性を目指したい。低いところに合わせていくと自分が磨かれない。きっと相手もそうだろう。ようわからんやつに散々話しても時間の無駄になる。仕事中にお勉強に付き合わされてもなぁ。

 

 

でも、これがプロジェクト。

 

いろんなところからの寄せ集めだから、モザイクなのは仕方がない。通じないもの同士がとんでもなく巨大なものをつくるんだから来週も辛抱強く頑張ろう。

 

そう言う自分は、会計士やシステム資格もなく野生育ちだけど。1回くらい経理部やろっかなー。

 

 

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養

異文化理解力――相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養