トクメイキボウ

(33歳/会社員)

【ドライアイ】マイボーム腺圧出をしてみる

ドライアイ対策のうち、自分の中で一番効果を感じたのはマイボーム腺圧出。マイボーム腺とは目の縁にある油の出る穴。瞬きするごとに、ここから油の成分が目に滲み出て目の水分を保つ仕組み。この穴が詰まるのをマイボーム腺機能不全(meibomian gland dysfunction:MGD)やマイボーム腺梗塞と言って、目が乾く原因となる。

 

 

 

まずは、お医者さんに相談

通常お医者さんに相談して、マイボーム腺圧出をやってもらう。難しいことはいいから、「詰まってませんか?」と聞くだけで良い。ドライアイやってる眼科であれば、大抵はやってもらえた。しっかしこれが痛い痛い。あっかんべーした状態でピンセットの器具で挟む。想像しただけでつらい。ピッピッピと目頭から目尻までを扇状に挟んで行き詰まった油を押し出す。油はマヨネーズのようににゅっと出てくる。(お医者さんでお願いする場合は自分じゃ見れない。)瞬きすると視野に目やにのような、じんわりした油を感じる。油が目に染み渡ると「おおっ?」と感じる。

 

これを自分でできないものか

基本的には運用コストが嫌いな性格です。お医者さんに通うと、毎回お金と時間がかかる。また、安心な分とにかく力加減がコントロールできない。(お医者さんも怖かろう)この痛みなんとか出来ないか。「おおっ?」を自分でなんとかできないものか。

 

ドライアイをピンセットで直す

自分でやってみる。準備は↓のピンセット必要。本来赤ちゃん用のピンセットだけど先が丸く目や皮膚を傷付けにくい構造になってる。Amazonで500円しないのでもしこの記事を見て興味を持ったら↓から試して見てほしい。

SK11 ピンセット ベビー用 NO.9

SK11 ピンセット ベビー用 NO.9

 

  

やり方

やり方はこの流れ。

 

①手を洗う

手をビオレUで綺麗にします。

②ピンセットを消毒

SK11を消毒します。私の場合は火で炙ったり煮沸消毒しています。

 

③右目

鏡の前であっかんべーします。明るいところがいいです。よく見えなければiPhoneのライトびピカーッとして照らします。

いよいよはさみます。下まぶたから超優しく挟んでいきます。私は目尻側が一番痛くないのでそこからやります。(この時点で痛ければやめましょ。)

 

コツは「強く」よりも「弱く長くじっくり」。力はあまりかけなくてもマヨネーズのような油がウネウネ出てきます。ここで、「おおっ!」っときます。

 

はさむ深さですが、まぶたの縁というよりその下を挟んでいく感じにしています。ちょうどSK11の丸い部分全体ではさみこむようなイメージです。

 

続けて目尻から目頭にかけて進めます。下まぶたが終われば上まぶたです。私は上は痛くてあまりやりません。勇者専用です。

 

④左目

右目同様に左目やります。

自分で力加減をコントロールできるのはとてもいいです。痛かったらやめればいいだけなので。

 

⑤まばたき

まばたきします。ここまでまばたきしちゃダメというわけではないっす。まばたきすると、目の上に目やにのようなぼんやりしたものを感じます。また、「おおっ!」のポイントです。ジワーって感じです。

 

⑥目薬

最後に目薬で終わりです。めでたしめでたし。

私は初めは3日に1ぺんやってました。乾くというより、鼻パックに似た快感があったから。いまは、2ヶ月に1度もやってません。一度塞いでるものをとってしまえば、そのあとは上手いこと循環しているようです。

 

 

SK11 ピンセット ベビー用 NO.9

SK11 ピンセット ベビー用 NO.9

 

 

 

 

前提として

こんな記事をここまで読んだあなたは重度のドライアイ、まずは、お医者さんに相談してくださいね。私はお医者さんではありません。一人のプロドライアイです。お医者さんにも自分でやっていいか聞いています。そして定期的に見せてます。

また、治らなくても諦めないでください。ほかにもやり方や試せる方法はあると思います。私の試行錯誤は↓に書いています。今は落ち着いていて整っています。

 

コメントもらえれば自分の経験は書きます。

 

www.tokumei-kibou.com