トクメイキボウ

(33歳/会社員)

水道光熱費を分析

f:id:tokumei-kibou123:20180103202717p:plain

昨年の水道光熱費をグラフ化してみた。

水道代は偶数月の2ヶ月に1度のため、我が家の管理会計上該当の2ヶ月に振り分けた。

(2月が3,855円の場合、1月と2月で1,928円ずつ)

 

こう見ると、下記のような示唆が得られた。

  • 冬はガス代、水道代が相対的に上がっている。お風呂を使っているからだと考えられる。
  • 今年の11月以降はガス代、電気代が上がっている。冬の影響か赤ちゃんが家に来たことが原因とかんがえられる。
  • 水道代は年間を通してあまり変わらない。お風呂かシャワーかはあまり関係無いのだろうか。

 

ひと月当たり10000円行かないくらいで、年間90,174円使っています。削減するには2つあります。

  • こまめな節約をしていく対策
  • 契約見直しによる対策

今回電気代の契約を見直そうと思います。A=アンペアを下げることで基本料金が下がります。現在40Aは過剰なので、30Aにしようかと。280円80銭/月の節約です。年間で3369円の節約になります。微々たるものですがこういう節約を契約=仕組みの見直しから攻めることが大きな貯金につながります。

 

電気の基本料金

  • 10アンペア=280円80銭
  • 15アンペア=421円20銭
  • 20アンペア=561円60銭
  • 30アンペア=842円40銭
  • 40アンペア=1,123円20銭
  • 50アンペア=1,404円00銭
  • 60アンペア=1,684円80銭