トクメイキボウ

(33歳/会社員)

【キャリア】何か新しいことを始めたい

先日会社のお金で社外の研修に参加。とても充実した研修だった。アウトプットとして、とある資格を5つ取得。業界では名の知れた資格。私が人材会社いた頃であれば、見つけたらすぐに声かけたいスキル。2007年当時の自分からすると、イメージしていた通りの目標を立てて、その通りのキャリアを歩んでいて、いよいよこんなところまで来たんだなーという感覚。思考は現実化するというのは本当かもね。

 

自分への率直な感想は、「なんだ、まだまだやれんじゃん」

 

子育てや、仕事の多忙から新しいことをあまりやって来なかったけど自分の能力・キャリアを見直すきっかけになった。

 

ここ数年は、他に面白いことがない限りコンサルタントとして企業の変革のお手伝いをしていくつもり。そのための新しい学びを取り入れていきたい。

 

自分の経験上、学びの効果を最大化するためには目的が大事。目的といっても、感謝やなんだかんだいってこねくり回したビジョンではなく、「現在抱えている問題・今後発生するであろう問題」に対し、「一歩下がって問題を体系的に解決していくスタンス」を指す。

 

ただ英会話スキルを伸ばしたいというのは無理。どれだけのスキルをイメージ出来ないので、到達できない。私の経験上、海外へのシステム展開のために、システム操作を説明するだけの会議スキル、プレゼンテーションスキルを学ぶ目的のもと、一時期英会話に通った。ひたすらパソコン画面の操作をティーチャーに説明。これがよかった。

 

映画を見て面白いという英会話や、道に迷った外国人を案内するような英会話は必要なく。PCのスクリーン上の動きを英訳でき、指示ができる事に絞ったおかげで、1点集中だが大きな効果を得た。(もちろん、パソコン操作だけじゃないけど)

 

 

 

さて、海外にも行かなくなってしまった今の自分の立場において、何を目標設定にしようか。4月から新しいプロジェクト。ハードな日々が続きそうな予感がするけど楽しみ。

 

子育てという時間的制約があるのもよい。効率化を追求できる。その際には、自分の時間を稼ぐために、家事育児を押し付けることがないようににする。

 

世界トップ3の経営思想家による はじめる戦略~ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて~

世界トップ3の経営思想家による はじめる戦略~ビジネスで「新しいこと」をするために知っておくべきことのすべて~

  • 作者: ビジャイ・ゴビンダラジャン,クリス・トリンブル,花塚恵
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2014/07/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

別段今回のブログとは関係ないが、

お笑いアイデンティティの

「オス、オラ野沢雅子」

「御歳81歳のでーベテランだ」

「オラ、ワクワクしてきたぞ」

が耳から離れない。